◆沿革    

昭和23年 愛媛県立松山第一高等学校に通信教育部を設置
昭和24年 愛媛県立松山東高等学校と校名変更し、同校通信教育部と改称
昭和24年 「友垣通信」第1号発行
昭和29年 第1回卒業式(卒業生13名)
昭和38年 通信教育部を松山東高校通信制課程と改称
昭和38年  日本放送協会学園高等学校開校により、同校の協力校に
昭和40年  「松山東高校通信制の歌」(通教の歌) 制定
昭和48年 生徒会誌「築」創刊号発行
平成元年 生徒会誌「ふれあい」創刊
平成7年 単位制の課程への移行措置開始 就業年限3年以上、前期・後期制導入
平成24年 後期入学の受け入れを開始