交通安全講話が実施されました。

石原自動車教習所から2名の指導員の方をお迎えして 

(1)交通ルールについての再確認

(2)人の目について

(3)歩行者・二輪車・自動車の互いの身勝手な行動

(4)過失相殺と損害賠償

について講話をしていただきました。

誤った認識を持っていたことや(黄色信号は注意ではなく止まれの意味など)、意外と周りを見てなかったり見えてなかったりすることが分かり、今後は正しいルールのもと、安全に気を付けたいと思いました。

以下は参加者の感想です。

・実際の事故の動画を見て、より気を付けようと思いました。(3年次男子)

・クイズがあったりして楽しいだけではなく、とても丁寧な説明で分かりやすかったです。(2年次男子)

・当たり前のようにしてきたことが、とても危険なことだと改めて理解できました。(2年次女子)

・自分が事故に遭わない、起こさないために、よく見る・よく聞く・無理しないを守りたいと思いました。(2年次女子)