平成30年度前期入学式

 春のおだやかな天候の下、平成30年度前期入学式が行われ、111名の新入生が入学を許可されました。入学にあたり村上校長は祝辞の中で二つのことを入学生にお願いしました。

 一つ目は「自分を変えていく」ということです。過去は変えられないが未来は変えられる。あなたが変われば、あなたの未来は変わります。あなたの行動が変われば、あなたの習慣や人格が変わります。そのことがあなたの未来を明るくするのです。

 二つ目は寛容の精神です。他者への思いやり、人に優しくする心を持ってほしいということです。他者の人権を尊重し、友人の個性を大切にし、様々な考え方を受け入れ、広い視野を持って、ものを考えてほしいのです。

 今日が新しい高校生活の始まりです。それぞれが目標を持って卒業を目指して努力していきましょう。